ほぼ全て「仮想通貨ネタ以外」のブログ 神沼の『人生』わくわくしてる?

仮想通貨の界隈で色々したりしている神沼のブログです

図解『SegWit』ってなんですか?

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
にほんブログ村 ⇚応援クリックお願いします!!

 

bitcoinがSegwit2xで分裂だ!

新しいbitcoinができるんだね!?

ただし、今までのBitcoinCash やGoldとはちょっと違うよ。


上記の最近の事柄は完全に置いておいて。

 

神沼です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

応援クリックお願いします。

 

今回の記事のポイント

・スケーラビリティ問題に関して触れない

 これは無理だな。

・Segwit2xについての『2x』については触れない

・できるかぎり『SegWit』が何かだけを理解して帰ってもらう。

 

では、どうぞ。。。

 -------------------------------------------------------------

スケーラビリティ問題

仮想通貨の1 ブロックの容量がちっちゃくて、

取引量が増えるにしたがって、取引データ。。。

ああ。。ダメっ。。

このままだと取引の遅延とかいろいろ問題がおきちゃうよ。。。

やべーー、、マジっべーー・・・

 

開発者 :『立ち上がらなければ!!』

 

開発者A:『SegWit』(Segregated Witness)っとかどうでっしゃろ?

 

って感じで、今回の記事の内容である『SegWit』について入っていく

自然な導入で行けたぜ。

 

まず、すごい手抜きで、

ブロックチェーンの1ブロックを見てみましょう☆

f:id:kaminuma:20171110160321j:plain

取引データでお腹一杯だぜ!!

っていう状況になってます。

 

で、もし

この取引データの中に、『別の領域』に切り離すことが可能なところがあったら

 

切り離してしまおう!

 

 

では、切り離せるデータってどこよ?

って気持ちで、取引データを拡大してみる。

f:id:kaminuma:20171110160301j:plain

 

署名部分がなぜ切り離しても大丈夫なのか・・・

を話すと、また小難しくなるので、

 

署名部分は『ないと困る』んだけど、

別に他の領域にあっても問題ない。

→なのに署名部分のデータ量がめちゃめちゃ大きかった。

 

だから、

Segregated Witness →日本語に訳すと『署名の分離』

をして、結果的に

 

f:id:kaminuma:20171110161311j:plain

取引データが沢山入るようになって、

ブロックサイズの実質的な上昇になったぞ~。。。

 

っていうスケーラビリティ問題に対しての対応策の一つが

 

『SegWit』だっちゃ!☆

 

ちなみにmonacoinはSegwitを世界で初めて採用してアクティベートしてます。

 

お疲れ様でした。

-------------------------------------------------------------- 

神沼 bitzeny ウォレット

ZeHhdhy23QcD8125daaUoKNZGZk6EtDFcW

投げ銭!ウォレットに入ると嬉しいです!

--------------------------------------------------------------

 

ツイッターもしています☆

twitter.com