ほぼ全て「仮想通貨ネタ以外」のブログ 神沼の『人生』わくわくしてる?

仮想通貨の界隈で色々したりしている神沼のブログです

自己資金量と仮想通貨投資の方法論的な何か。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
にほんブログ村 ⇚応援クリックお願いします!!

平素よりお世話になっております。

 

みんなのアイドル神沼です。

 

さてさて、久々に記事更新して、

内容が思いっきり投資系です。

 

投資系記事としては最近は有料noteが流行っているようですね

流行っていると言われると、なんかしたくなくなるっていう、

天邪鬼です。

自分から何かいて良いかも最近わかんなくなってきたしね。

神沼が実践している冷凍クッキング講座~とかも書けないしね。

 

さてさて、本題ですが

投資をするうえで自分がどういうタイプの投資(投機)

行っていくのがいいのかということの自己把握は、

 

リスクが非常に高い金融商品(金融資産)

だからこそ、意識しておくのがいいのではなかろうか?

 

ということで、

ちょこっとでも記載しようかなと思った次第です。

 

そこで、先日アンケートを実施しました。

理由はみんなどれくらいの資金で仮想通貨投資してるんだろうな~?

っていうのが見てみたかったのと、

 

①~④の資金だったら、資金力的にこうだから、

こんな方法ありだよね。

 

という記事の大枠を作りやすいと思ったからです。

 

この場を借りて、

アンケートに協力して下さった方に感謝いたします。

 

さて、

先日行ったアンケート結果は下記になります

 

 仮に

---------------------------------------------

 

 

 

 

 

--------------------------------------------

とします。

 

ちなみに、私は投資資金①からスタートして、

今動かせるようになっている(利益確定済み後再投資)

が、④ナウ。

くらいなので、視点的にはある意味どこのポジションも経験済み

と言えるのかもしれない。(ということにして記事を書いていきます

 

まず、いわゆるバブル言われていた相場当時、

『ガチホ最強説』なるものがありました。

 

要は持っとくだけでOK!!

って相場ですね。。。

 

実際、本当に持っておくだけのほうが資産価値はバク伸びだったと思います。

円に戻しておくことのほうがかなりリスクだった急上昇相場でした。

 

この相場は再び訪れないのか??

それはわかりません。

 

あるかもしれないし、ないかもしれない。

 

で、当時の相場、結構売り時をミスった人も多かったと思います。

私は正直ミスった方ですねw

 

私が保有していた銘柄はmona xem bitzenyがほとんどでしたが

 

「あ、これ枚数増やさんといかんわ〜」

 

って思ったのが、かなり遅かったです。

最終的には下の方で枚数を効率よく増やせているのでいいのですが、

(申告する確定益の割には、枚数を増やすことに特化したって意味ではよかった)

 

ただし結果論的には

上の方で全円戻しで税金払い終わるまで放置!!ってしておいたほうが

儲かっていたであろう。。。だったので

 

まあ、そのへんも踏まえつつ現相場と付き合って行くのが

最善手ってことで、話を進めて行きたいと思います。

 

「自己資金量と仮想通貨投資の方法論」

 

とか格好つけたこと言ってますが、

基本的なことです。。。笑 基本大事ねww

 

期待してた人はすいませんww

 

まずは、自己資金量と投資に関して。。。

自己資金量は少ないよりは、多いほうが有利なのが投資

と言えることは言えるのではないかと・・・

そう思っている派です。

 

ただ、現状金持ってる人たちに、一泡吹かせられるのもまた投資

とも思っていますが。。。ある意味下克上起こしやすい世界ですよね〜

 

それで、なぜ自己資金量が多い方が有利っぽいと考えているかというと

(有利と断言するわけではないです)

 

①利幅を欲張らずに冷静に利益確定しやすい

→後述しますが、「原資抜き」「利益抜き」に矛先が行きやすい。

 

②分散した銘柄に資金を回しやすい(これは仮想通貨に限ったことではない)

という大雑把にいうと2つの観点で思っています。

 

ただし、①に関して言えば、資金が大きければその分もちろん損失をだしたときも大きく減っていくため注意ですが、

→資金量が余裕があれば購入時期も分散しやすくなるのでリスク軽減しやすい

と思っています。

 

資金量がなくても分散などはできるのですが、

どうしても資金量に余裕ある方が銘柄分散、

時期分散しやすいような気はしています。

 

ここまでの話で、「資金量がないなら不利」

 みたいな話になっていますが、

 

不利だと思います・・・多分

極端な話します。

②の人で10万円の人が、10%抜くと利益1万

②の人で100万円の人が、10%抜くと利益10万

同じことしても、得られる利益に大きく差ができ、

結果、継続などのモチベーションや生活資金への足しなどの実際の効力としては

圧倒的に差がでますよね、、、

 

でも、もともと資金量としては少ない量から始めているひとも沢山いるのが

この界隈だと思っているので、

 

やり口はある!!!

 

ということで話していきたいなと思っているんですが、

 

 

では、ざっくり、

③〜④の人の投資方法でこんなふうにやったらいんじゃないかな?

というのを。(というかここが説明としてはメインです)

 

③〜④の人は、資金量が割と豊富な方々。

 

この区分に入ってる人は

よっぽどトレーダーとして経験がある!

とか、仮想通貨トレーダー目指してます。

っていう人以外は、信用取引や仮想通貨証拠金取引は無難な手ではない気もしています。

 

理由としては

仮想通貨取引特有のリスクもかなり大きく関係しているわけですが、

①圧倒的な急変リスク

仮想通貨はボラが大きいとはよく言いますが

値動きはたしかにびっくりするくらいのことは多々あります。

1日に10%変動なんてちょっと前ならざらにありました。

レバレッジかけて放置しようもんなら次の日アボーンとなりかねない。

そんな急変をします。

②取引所の障害リスク

はい、502やメンテナンス中ですでおなじみのこの界隈のリスクです。

①の価格の急変があったときに、運良くPCの前にいたとして

エントリー方向と逆方向に急変した。

損切りだ。と思ったはいいものの損切りもさせてもらえない

ということはこれまでも経験したことある方もいると思います。

 

①、②の理由からも、自己資金量③〜④の方は

現物での取引の方がいらぬロスカット的なリスクを軽減するって意味では

いいのかなと思っていたりします。

 

一部を除いて、ずっとトレードしてる人っていないと思いますしね。

 

で、です。

現物を中心として取引するとしたら、

立ち回りとしてはどんな感じがこれからいいのかなあ〜

っていう点を記載します。

 

現物取引のなかでも、こういうところ拾っていくのはいいのでは

という投資方法。

 

・草コイン投資は資産の極々一部のみか、しない

 

大相場の時はものすごい値上がりを見せた草コインですが

今後主流になってくるかといえば、

ほんの一部以外はかなり厳しいのが現状かなと思っています。

そして、大量保有してても肝心な時に売ろうにも板が薄くて売りたい値段でほぼ売れない

という状態になりやすいです。

 

なので、大きい資金での大量購入は気を付けていきましょう。

 

で、なぜ極々一部はいいのかなというと、

当然化ける可能性もこともあるから・・・

(これは後述で①群の人に他の群の人より推奨している理由です)

そういう楽しみ方という意味では極々少量を草コインに入れる。

か、しないが立ち回りの手段の一つ。

 

本当にごくごく少量が良いと思っていて、

③~④の人は大勝負にでる必要はそんなにないっていうか

順当に投資の基本「安く買って高く売る」を

わかりやすいところで冷静にするだけでも、資産を順当に増やせる分類の方々だと思っています。

 

なので、草コインに関することに関しては、

こんな所感です。

 

・取引量が多いアルトコインをメインに取引(アルトコイン転がし)

ここでは私のアルト転がしの例を上げて説明混ぜようと思います。

 

btcの上下ももちろん激しいですが、

btcの変動よりも変動率でいくとアルトの変動の方が大きいです。

上昇も・・・下落も。

なら、下げのトレンドであったなら、

積極的に下げ率が高いものを底打ちを探りながら拾っていくのはかなり有効かなと。

 

もちろんそれだけではなく界隈自体や銘柄のファンダメンタルは重要なので、

下落率が一過性のものなのか、通貨自体の長期間的な人気不足なのかは

情報を敏感に収集する必要があります→これ重要。

 

例のバブル的相場期から、

下落した価格を大雑把に比較した場合。

 

(申し訳ないが保有分のxem,mona btcで例に上げさせてもらいますが、)

 

btc下落率 おおよそ3分の1強下落

f:id:kaminuma:20180422005016j:plain

 

xem下落率 おおよそ10分の1下落

f:id:kaminuma:20180422005446j:plain

 

mona下落率  おおよそ7.5分の1下落

f:id:kaminuma:20180422005824j:plain

 

アルトコイン転がしに関しての基本的事項。

①btcとの連動性はどうか→連動性が高い場合、単独でトレンド形成が難しい。

②btcとの非連動性はどうか→外れている分、色々やりようが出る(広がる)

③現保有通貨を、現段階で円利益確定したとき現トレンドで他と大きく乖離している通貨を見つける。

④現保有通貨よりも有利と判断したら引っ越しする。

 

なんかよくわからない。。。という方に、例をだしていくと。

 

最近大きく行った例

☆昨今の下落の相場にて

ずっと保有していたmonaを売却しながらmona自体の枚数を30%弱増やしつつ

xemの底値をすこ~し前から超少額ずつ買いながら、

(自分は40くらいから底さぐり始めました)

感覚的に探る→ニュースなんかを意識しやすくした

 

チャート自体の底打ちしたかな〜ってのを自分で確認しつつ

ツイッターとかでの皆さんのご意見を見つつ、

私自身がこれ以上現物の価格下がったら円資産的に非常に嫌だな。。。(笑)

と思った辺りで

 

下落率の状態としては下記の

mona<xem

状態で、なおかつその下落自体がファンダメンタル要因も大きかったため

mona5分の3xemにでかく移動☆

 

相場としては底から上がっていく速さと割合は

下落率が激しかったxemの方が早く、

 

記事執筆現在、おおざっぱに計算して

そのままだった場合の上昇率約40%弱

転がした現時点の上昇率約100%弱

 

となかなかの違いがでているという感じで、

 

現状はアルトコインの転がしが

うまく行っているといったところです。

 

・投資をする上での「原資抜き」「利益抜き」を局面に合わせてちゃんとする

例の上昇局面のあとの急落の時点でガチホ勢の多くの人が困ったのは

追加する資金がない。(限度いっぱい)

ということだったと思われます。

 

そういう人が有効手として使えるのがさっきの転がしなんだけど

(税金に関して気にして利益確定できないって人もいるだろうけど)

 

今後、同じようにならないように、手元に追加で玉うてるよう

ある程度は用意しておくのは大事ということで、

転がしていくことも考えてもいいのかなと。

(生活資金以外の投資資金として)

 

以上が③~④の人へお勧めする感じのやり方です。 

 

②群の方の立ち回りに関して

は、③~④の人とほぼ同じに、

短期的にレバレッジをかけてのトレード自体は、資産を大きくしたいという思いが強いのではあれば、練習してもいいのかな。。。

と思っています。

 

というのが、②群の真ん中の50万円を資金として考えた場合

10%の利幅で5万円という利益なのですが、

仮想通貨に参入した人の特徴?的なところを見ると、

もっと大きく儲けたいと思ってる人も多いのではないか。

 

と推察しました。

 

現物をメインに大きなリスクを取らないを最優先としていた

③~④群の人よりも、若干リスクを取って攻撃的にドンパチする比率は高めにとってもいいのかな。とも思います。

 

ただし、リスクも大きくなると思っているので

大前提としてちゃんとお勉強してください。

短期取引はお勉強大切と思います。

 

最後に、

①群の人に関して

①群の人が他と大きくことなる配分で投資してもいいんじゃないかなと思っているのが、

長期間生き残りそうな草コイン・・・

短期的に盛り上がって消えていくところを好戦的に狙うというのを

①~④群の人の中では最も攻めていっていいのかなと、、、思っています

 

 

その分、③~④の人とは異なった仮想通貨の見方であったり

嗅覚が必要となりますが、コミュニティなどで積極的に情報収集していきましょう。

 

後半なんか適当になっているような気がしないでもないですが、

気のせいです。

 

 

資産の変動はかなり激しくなるであろうこの界隈ですので、

自身のやりかたも資産の変動に合わせて変えていくことは大切だと思っています。

(やり方ってか内訳ね)

 

後、色々な意味で非常に夢のある界隈なので、

今後も要チェックしておくことをお勧めしていて、

 

興味は持ったけど、下落して興味が長続きしなかった

という初心者さんが一番もったいないのでは?

 

とか思っているので、めんどくさいかもしれないけど

日々勉強していきましょうね☆

 

 

気が向いたらまたなんか書きます。

お疲れ様でした☆

 

2018/04/24  v1.00